本文へスキップ
TOP PAGE 簡単修復ウラ技集 髪本来の輝きを取り戻す為に 会社案内 お世話になっている方々です お気軽にお問い合わせ下さい
健康な髪の為に
FAQ                                                    
 
 a.どこのサロンでカラーをしてもピリピリ白髪染めなのにヘアマニキュアかヘナとあきらめているお客様の為に
 白髪染め塗布後の特有のピリピリ感を軽減(リペア効果)。カラー放置タイム中もお客様にリラックスしてもえらえます。
 
b.度重なるブリーチで髪がボロボロ シャンプー後に髪が絡んでコームが入らない時に
 過剰なブリーチによる超損傷毛でまったくコーミングもできない髪がリペイドの毛髪マトリックス成分を吸収吸着(リペア効果)させるだけでコーミングが復活し、イライラが解消します。
 
c.カラーとパーマでギシギシ。それでもカラーをしたいというお客様の要望をかなえるために
 カラー剤はケラチンを破壊するから手触りが悪くなる。パーマをかけていればなおさらです。いつものカラー剤にリペイドをブレンドして、いつものように塗布するだけで(リペア効果)カラーをすればするほど髪がしなやかになる。すぐ実感できるからお客様に喜ばれます。

 d.毛量が多いと作業が大変。時間差なく、とにかく早く既染部との境目をボカしたい時に
 カラーで既染部との境目は早くボカしたい。毛量が多い・長い・傷んでいると毛先の退色部用に残液だけでなく、濃度の薄いオキシをベースに薬剤を作って塗布することは大変面倒なことです。残液にリペイドをブレンド、またはリペイド希釈液を噴霧すると中間から毛先へのコームスルーがスムーズになり、ボカシも簡単。(リペア効果)浸透も良くなり、ボカシが効きます。残液の延びが大幅に向上して使い過ぎも減少、あのイライラ作業がなくなり、髪もツレにくいのでお客様もラクラクです(エイド効果)。
 
e.オキシの濃度に頭が混乱。傷みや退色の具合でオキシの使い分けに毎回悩んでいる方へ
 .何種類もの違うパーセントのオキシ2剤の使い方で頭を悩ませる必要がなくなります。6%のオキシにリペイドのブレンドするだけで髪質や傷みに対応した色調整ができるからです(リペア効果)。つまりラクだと思って何種類もの濃度の2液を仕入れて混乱することより、リペイドでオキシを調整するほうが安全確実で節約できて実はラクだということに気付くことになるでしょう(エイド効果)。

 f.アイロン中に髪から煙。パサパサになっても仕方がないとあきらめているあなたへ
 .アイロン温度180℃ではケラチンのダメージは間違いないのですが、完全ドライのまま終わらす前の髪がカラカラで吸収しやすい状態でリペイドまたは希釈液をつけることでマトリックス流出分を補給できます。仕上げなら手触りも良いですからお客様へアピールでき、縮毛矯正なら2液と同時にマトリックス封じ込めるからあとの輝きが抜群でお客様も技術者も納得の気持良さを感じます(リペア効果)。

 g.緊急事態!縮毛矯正中に起こる突然のビビリ、アイロン中の白化をすぐ止めたい時に
 縮毛矯正中に起こる突然のビビリ、アイロンの熱での白化を抑えながらツヤと手触りを求めたい。縮毛矯正剤にリペイドをブレンドするだけでビビリ症状、アイロンの熱によるケラチンの分解、ギラギラ感のリスクを和らげます。(エイド効果)仕上がりの輝きとやわらかい手触りに満足します。

 h.効果が見えないのに習慣や演出で○○を使いコストがかさんでいる方へ
 リペイドならはっきり効果が見える。また今までの材料も節約できるから、経費削減を楽しみながら毛髪保護修復に取組めて充実します。(リペア効果)(エイド効果)

 i.消毒室に同じような前処理剤がゴロゴロ。いつかは整理したいと思いながらそのままの方へ
 前処理剤はいくら使ってもコストUP。効果や理屈が一貫しているリペイドならどんな施術にも頭が混乱しないからいつでもベーシックに使えます。前処理や後処理でお客様の施術時間が長引いて負担をかけない。スタイル提案などクリエティブに力を注げるのでサロンが活気が出ます(エイド効果)。

 j.カラー剤が固くて塗りにくい。伸びないので塗布量が増え、コストがかかるのをあきらめている方へ
 カラー剤の粘度が固いと伸びないから ついつい量を使い、ヘアカラーの利益が減少します。リペイドをカラー剤にブレンドするとカラー剤の使用量を減らせて、しかも塗りやすく浸透も良く、多少の浮きも発色に影響しません。よってカラー剤の使い過ぎの心配が不要になります。アシスタントスタッフにも安心して塗布を任せられます(エイド効果)

k.パーマ前のプレシャンプー 毛がからみ地肌も敏感になって、後の施術がやりにくくなる時に
 パーマ前のプレシャンプー剤はリンスはしませんから毛が絡みます。スプレーをつけてこられた地肌も敏感なお客様に普通のシャンプーをすれば、パーマもカラーもピリピリです。毛髪同士も接着し、コームスルーもツレてしまいます。リペイドを少量ブレンドしてシャンプーするだけで前処理完了。(リペア効果)そのままワインディングに移れるから時間も短縮 ピリピリ感も減少してお客様が一番ガマンしなければならない工程を短縮出来ます。(エイド効果)

l.セットローションはセット力があっても果たして、ドライヤーの熱から守ってくれているのか
 収まりにくい寝ぐせでも蒸しタオルを巻かずに取れる程の浸透力を持つリペイドは洗い流さなくてもよいトリートメント効果もあり、さらにカットローションにも使用出来る。そのままブローするならセットローションにもなるので(リペア効果)スタイルがしなやかになり、親水性でベタベタ感もないので、ワックスとの相性もよし。気持よくカット&ブローを行えます。

 m.材料コストを下げようとすると質が落ちてしまうのが心配で踏み切れないという方へ
 シスで求めるウェーブがもの足りずに結局チオをもう一度塗布する必要がなくなり、傷みの心配をしないでウェーブを作れます。チオタイプのパーマ剤にリペイドをブレンドするだけでケラチンの分解をシスと同等まで引き上げるのです(リペア効果)。パーマ剤の仕入を少なくしたりラインナップをシンプルにしたいならハードだけにしてリペイドをブレンドすることで節約することも出来るとコストはグーンと下がるのです。
 面倒だったカラー後のアフタートリートメントがいらなくなる! (リペア効果)。余計なアフターカラーの工程がなくなります。(エイド効果)施術時間が短縮し、お客様との会話も楽しめます。
 値段の高いカラー剤のセット購入が節約出来ます(エイド効果)。リペイドをブレンドするだけでカラーと同時に毛髪保護修復が兼用できるためメーカー推奨のアフタートリートメント剤は仕入れる必要がなくなるのです。
 何種類もの違うパーセントのオキシ2剤を仕入れを節約出来ます(エイド効果)。6%のオキシにリペイドのブレンドするだけで髪質や傷みに対応した色調整ができるからです。(リペア効果)
 5縮毛矯正は技術者は付っきりとなり忙しい時は予約も入れられません。お客様も長時間座りっぱなしです。縮毛矯正剤にリペイドをブレンドするだけでケラチン破壊も少ないのでアフタートリートメントの工程を省け、お客様を疲れさせません。手間のわりに原価が高く、時間換算だと逆に厳しいメニューだからこそリペイドブレンドで工程の簡略化、費用効果が出てきます(エイド効果)。

 n.忙しくてカラーが出来ないときでも、白髪を一時的に美しく見せたい方へ
 作成中

 o.自然派とは言え、石けんシャンプーなどではギシギシしてもの足りないという方へ
 作成中