本文へスキップ
TOP PAGE 簡単修復ウラ技集 髪本来の輝きを取り戻す為に 会社案内 お世話になっている方々です お気軽にお問い合わせ下さい
健康な髪の為に

便利な使用法
シャンプーで使うことで「リペイド」の感触をすぐにご理解頂けます。
いつもと違う心地よさを体感出来ます。

高額なシャンプーの中にははシリコーンが含まれていますものも多いです。
毛髪に必要なマトリックス(間充物質)を入れずに
疑似的な質感では傷みは改善しません。

「リペイド」はマトリックスを補充し、効果が長く続きます。
シリコーン感触とはまったく違う生まれながらの
ツヤサラ感を翌日になっても感じることができます。
★シャンプー前に★

「リペイド」を手に取り毛髪全体揉みこみます。(ロングなら中間〜毛先に揉みこむ。)
汚れていてもそのままでOK!
揉み込んだら、いつもお使いのシャンプーをして下さい。
洗ってる時の指に伝わる感触がソフトになり、
洗い上がり上がりが「しっとり」します。
その効果は翌日になっても実感できます。
  頭皮にもよく揉み込んで下さい
ハーブ成分が頭皮に作用し
フケなどの乾燥肌にも刺激がなく効果的です。

時間がある時は頭皮・頭髪に「リペイド」を揉み込んだら
放置するほど浸透します。
シリコーンの含まれていないものであれば
グレードの低いシャンプー剤であっても
上質品と同等のスペックになります。
 ※面倒くさいという方へ
シャンプー剤にリペイドを入れていただいてもOKです。
ただし吸収力・感触はドライ状態の時が良いです。
★クイックトリートメントメニューを作る★<イチオシ提案>

忙しくて時間のないお客様にも
「リペイド」でシャンプー前に5分マッサージ後コーミング
その後シャンプーするだけで
「クイックトリートメント」
工夫次第でプラス¥100〜¥500のシャンプーメニューが作れます。
 
★アルカリカラーをする★

カラー剤の色味調合はいつも通りの比率でOK!
「リペイド」はカラー剤に混ぜて使います。
ダメージ状態に合わせ、
標準毛で10〜15cc、ダメージ毛で15〜20cc、
ハイダメージ毛なら20〜30cc入れます。
傷みを抑え、ツヤが出ます。
入れる「リペイド」の分量だけカラー剤も少なく作れば大幅に節約できます。
ショートでもロングでも最低でも「リペイド」は10ccは入れて下さい。
ハーブ成分の抗炎・抗菌作用で頭皮がしみにくくなります。
★コームスルーする★

コームスルーも「リペイド」を
水で5倍に薄めて噴霧しながらですとスムーズでパサパサ感が解消します。
カラー残液にオキシを不用意に入れるのは傷む原因です。

★ハイダメージ毛にハイトーンカラーをする★

「リペイド5倍液」を前処理してカラーして下さい。
ブリーチ剤も同様です。
★ダメージが少ない時★

「リペイド」を2液に10cc程度混ぜて塗布して下さい。
特に撥水性毛にはこの方法が有効です。
★ダメージヘアの時★

「リペイド5倍液」を前処理として噴霧してから
ワインディングして下さい。吸水性毛に有効です。
1液に「リペイド」をいれるのも可。
2液には「リペイド」を入れて下さい。
★ダメージ〜ハイダメージ毛の時★ <イチオシ使用法>

「リペイド」を原液で15cc以上たっぷり塗布し、よくコーミング。
1液はシスやソフトではなくチオのハードを使用。
シスのような仕上がりになります。
★まとめ★

軟毛吸水性には「リペイド」を多め、前処理+2液混合法
剛毛撥水性には「リペイド」少なめ、2液混合法
ダメージ毛には「リペイド」5倍液前処理法
ハイダメージ毛には「リペイド」原液前処理+2液混合法
となります。
 基本はステップBと同じ

★一番効果的に使うポイント★

「リペイド」ドライ状態が吸収効果が高いのです。
縮毛矯正の工程はおおむね
軟化〜ゆすぎ〜ドライまたはブロー
〜両面アイロン〜2液処理〜ゆすぎ〜仕上げブローです。

高温のアイロンは形状記憶の工程です。<イチオシ使用法>
この時の毛髪は完全ドライ状態なので
ここに2液(過水+酸リンス+「リペイド」)を1:1:1で混ぜ、塗布します。
毛髪は「リペイド」をドンドン吸収し、サラサラの仕上がりになります。

まず、酸リンスが確実に中和効果があるか確認が必要です。
市販の酸リンスで中和効果のないものが多いのです。
★作り方★

「リペイド」+「RAピュアリンス」+水を1:1:2の割合で混合液を作る(作り置き可)
パーマの場合、テスト後2液処理と同時に塗布。
カラーの場合、発色完了後シャンプー時にゆすいだあとに塗布して下さい。

「リペイド」をブレンドするため酸リンス特有の収れん作用を緩和し、
確実に中和し理想的なPH5程度の弱酸性の状態に出来るのです。

●酸リンスを怠るとどんな良い修復剤を使っても
すぐ流れ出てしまいダメージヘアに戻ってしまいます。
またパーマの2液で中和できると勘違いされている方も
非常に多く見受けられます。
一般的なパーマ2液は中性ですのでご注意下さい。
 リペイド5倍液」はさまざまに応用出来ます。
★ブローローションで使う★ <イチオシ使用法>

「リペイド5倍液」を一般のブローローションのように噴霧してブローするだけ
さらとツヤが出ます。
毛先のパサつきを落ち着かせることが出来ます。
★セットする★

「リペイド」原液を少し手に取り、毛先につけてアイロンでカールすると
傷まずセットローションのようなカールを形成します。
指でほぐすかブラシでセットすると動きが出ます。
★洗い流さないトリートメント★

寝起きの寝ぐせ直しとして
「リペイド5倍液」を一般のブローローションのように噴霧してブローするだけ

ブローしてもよし。そのままウェット状態でもよし。

★エステサロン様でも★

フェイシャル後に前髪が上がり、髪がパサパサのままを
何とかしたいというご要望もあります。
「リペイド」を浸透させるための時間、ミスト噴霧器を利用した
ヘアトリートメントサービスもOK
★カットローション★

「リペイド」を10倍以上に薄めてカットローションに使ってもOK!
レザーカットがスムーズに行えます。